理念

ELPASO会 理念

「失われた10年」に続き、今や「失われた20年」も過ぎ去ろうとしている。
日本の国際競争力の長期低落傾向と長い閉塞状況からの脱出の兆しが一向に見出せない中、経済のグローバル化と政治の影響力増大・ITの進歩と応用範囲の飛躍的拡大等々、経営を取り巻く環境変化は早く且つ激しい。
これら超複雑化経営環境下においては、《トップの強力なリーダーシップ+ピラミッド組織》を理想とする従来型経営スタイルには限界がある、という認識は着実に広まりつつある。

また閉塞状況打破を外部環境変化に頼らず、内部パワーによって実現するには大組織トップのリーダーシップ以上にミドル自身の思考パターンの革新と行動力・ネットワーキング力が求められる。
《与えられた役割を忠実に果たすことが組織の基本》という従来型経営思考は、しばしば環境不適応を引き起こすことに ミドル自身も気付き始めている。
これらの変革型ミドルがプロジェクトマネージャー・事業部長・イントラプレナーに成長し、アントレプレナーとともに、真に社会に貢献する事業を創造・継続する時代が幕を開けつつある。

〔事業創続ネット〕ELPASO会は、社会-事業-組織-個人とResponsibilityにコミットする会員が、〔知のネットワーク〕支援のもと、新しいビジネスモデルを企画・構想する場である。
また、ELPASO会会員は、生涯学習と会員間の自由でフランクなコミュニケーションを通じ、
一人ひとりの世界観・社会観・人生観の形成/人間力向上とともに、「個」重視の欧米・「和」重視の日本文化を〔実学〕を媒介に止揚し、創造力・具現化力を柱とする新しいカルチャー形成の追及に努める。